頭を整理するブログ

頭を整理するために、情報や疑問をブログに書き出していきます。このブログは予約投稿しているのでタイムラグ(今日が今日ではない可能性)があります。

「世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉」読了

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

この本は Kindle Unlimited で読みました。

この前、妻から紹介してもらったセヴァンちゃんの動画を見たら、その後が、ウルグアイホセ・ムヒカ元大統領のスピーチだった。 感銘を受けたので、書籍でも読んでみた。

セヴァンちゃんの動画↓ vac201.hateblo.jp

ムヒカ大統領が言っていること、セヴァンちゃんが言っていること。 いま読んでいる、「沈黙の春 (新潮文庫)」もそう。 共通することは、経済活動の正当性への疑問。

経済とは需要と供給。誰かが望んでいることを叶える場が市場だ。 しかし、誰かが望んでいないことを叶えることは難しい。 そして、未来の誰かが望んでいないことを叶えることは、事実上不可能だ。

例えば、2050年から来た未来人がいたとして、「2050年にはカニは絶滅します。今から捕獲量を減らしてください」と言って、誰が減らすだろうか。 冬の鮮魚コーナーは、カニが並んでいるとついつい足をとめてしまう! 日本人は冬はカニを食べたいだろう! 3000円の足のセットが8000円になるとしたら!! 捕獲量を減らす案は反対されるだろう。

ちょっと思い出した。話は脱線するけど、こういう規制は歓迎されない。

news.yahoo.co.jp

これは水産庁天下り先援護政策が、小規模漁業者を直撃した話だ。 この政策は、経済活動の最先端といえる。

話を戻そう。 経済は本当に正しいのだろうか。 交換とはそんなに大事なものなのだろうか。 交換しないと生きていけない環境とは、なんなのだろうか。

わたしたちが考えないといけないことは非常に多い。

まず現状を知ることが大事だ。 東白川村に来たことで、田舎の考えを知ることができた。これから過疎化が進み、もっと考えを深めないといけない。 そして都会の人たちの考えについてももっと知る必要がある。 コンビニに行かなければごはんを食べられない人がたくさんいるのだ。 必要な消費を制限する理由はない。

なんて複雑な時代を生きているんだろう! ムヒカ大統領、そしてセヴァンちゃんは、なんと複雑なテーマに取り組んでいるんだろうと感じた。

わたしができることを1つずつやっていきたい。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉