頭を整理するブログ

頭を整理するために、情報や疑問をブログに書き出していきます。このブログは予約投稿しているのでタイムラグ(今日が今日ではない可能性)があります。

つながり

先日、うちの妻が、息子の(東京の学校のときの)同級生のお母さんにお会いしたら、私の中学の1つ上の先輩だったらしい。 その方は美人だというのだけど、写真を見たら美人だった。私はぜんぜん覚えていなくてとても残念だった。

妻との会話で、

「委員会でも一緒になっていれば覚えていたかもしれないけど」

と自分で言ったのだけど、同じ委員会でも覚えている人がいないので、この発言はちょっとどうかなと思った。

「そうねー」

と妻は言っていたので、女性的な感覚ではこの会話の流れは大丈夫なようだ。安心。

中学生のころ、私は編集委員会という委員会に所属していたことが多かったと思う。何回かやった。 この委員会は、壁新聞を作ったり、文化祭や体育祭の前の速報紙(A5版で1ヶ月くらい前から毎日発行される)とかを作る委員会で、新聞部みたいにゴシップを集めたり写真をとったりするのではなくて、マス(学校全体)に向けて、募集を促したり、こういうことがあったとか、スローガンが決まったとかを広める役割だったと思う。

当時の私は、サッカー部に所属していたけど落ちこぼれで、キーパーをやる人が学年で1人しかいなかったのでレギュラーみたいになっていた*1。 その頃はサッカーよりも、この編集委員会という誰もやりたがらない委員会の作業を毎月丹精を込めてやっていたことを思い出した。

編集委員会の先生が誰だったとか、一緒にやっていたのが誰だったとか、そういうのはぜんぜん覚えていないし、どんな文章を書いていたのかというのもぜんぜん覚えていないし保存もしていない。 だけど、なんとなく今思い出してみると、サッカー部よりは自分に向いているなって思う!

息子の同級生の美人のお母さんが、中学のころに私のことをしっていたのだったら、変なやつって思われていないかドキドキする!

自分は、けっこう昔のことを覚えていないのだけど、記憶領域が少ないのではないかと真剣に悩む。

*1:途中からキーパーは増えたので、補欠になったので、最後少しだけ期間はDFに転向した。