頭を整理するブログ

頭を整理するために、情報や疑問をブログに書き出していきます。このブログは予約投稿しているのでタイムラグ(今日が今日ではない可能性)があります。

「関ヶ原<下>」読了

関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)

石田三成徳川家康に焦点をあてた作品。

石田三成は「義」という言葉が好きなのだが、これは現代風に言えば「〜ならば〜べき」という言い方に変えられると思う。「太閤殿下にご恩があれば、西方につくべきである」こういう言い方をされると、反感を買う。福島正則黒田長政石田三成が嫌いになってしまったようだ。

石田三成はD・カーネギーの「 人を動かす 文庫版 」の真逆をいっていて興味深い。

関ヶ原については、ほとんど運であったような記述だった。そこを納得しつつも、史実がどうであったのか「 日本史年表・地図(2018年版) 」などを見たいと思う。

関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)

関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)