頭を整理するブログ

頭を整理するために、情報や疑問をブログに書き出していきます。このブログは予約投稿しているのでタイムラグ(今日が今日ではない可能性)があります。

生きるための行為

人間は生きている!

この前子どもたち(男×4)と人間の三大欲求について話した*1。 人間の三大欲求とは「食欲」「睡眠欲」「性欲」。子どもには性欲がまだ無いので、食用と睡眠欲の話しをした。

長男がひとり暮らしを始めたのをきっかけに、「今まで自分たちがどれだけ、生きることに労力を割いてこなかったか」が身にしみたようだ。最近では自分でご飯を炊いていると聞いてほっとしている。

食欲を満たす

食欲を満たすためには、大きく分けて2つの準備が必要だ。

  1. 食べたいものを想像すること。
  2. 食料を買うこと。

なにを食べるか決めて、食材を買う...当たり前だけど、これは学校に行っている間に自分でしたことは無いと思う。おやつは買ったことがあると思う。 きっとひとり暮らしの最初につまづくのはこの食事の準備だろう。

準備が終わったら、調理し、食べて、片付ける。このサイクルの繰り返しだ。

我が家の奥さんが、この「食べたいものを想像すること」つまり、今日の献立を考えることが苦手らしい。 そこで、我が家では、朝ごはんは考えることをやめた。 毎日、ごはん・みそ汁・ウインナー・のり・納豆にした。 これも準備をラクにする手段のひとつだ。 考えるのをやめればその分時間の節約にもなる。 さらに、毎日同じものを食べると、「どのウインナーが安くておいしいか」という比較を十分に行なうことができる。 十分比較をおこなった毎日同じ朝食は、他の家庭よりも洗練されているに違いない。

睡眠欲を満たす

睡眠欲を満たすには、精神的肉体的な準備をいくつかしなければならない。

  1. 今日やるべきことを、全部やり終わること。
  2. 明日以後にやることを、頭から出す。
  3. あたたかく、リラックス状態を作ること。
  4. 適度な疲労があること。

睡眠を取るということは、難しいことなのだ。

子どもなら、体育や部活で4はばっちりだろう。宿題がやり終わっていれば1も終わっているだろう。 寝る2時間くらい前にお風呂に入ろう。3も大丈夫。

問題は2だ。 2ができない子は多いのではないだろうか。明日の支度である。 明日の支度やスケジュール作りというのは、学校では推奨されるが、そもそも全部をやることは難しい。 翌朝目覚めてから思い出したようにあれがないこれがないと騒ぐ子どもたちをよく見かける。

2ができないと、急にひとり暮らしするのは難しいかもしれない。 2を簡単にできるようにするには、メモを取ること。付箋はとってもいいかもしれない。

個人的におすすめなのは、お風呂に入ったら日記を書くのがいいと思う。 1日をゆっくり思い出し、手帳に予定を書いたり、ToDoを書いたり、冷蔵庫の中身をチェックしたりして、明日に備える行動をとろう。 100円ショップで売っている小さいホワイトボードもとてもよいものだ。明日の朝の自分にさっと指示を書き込める。

頭から、明日以後のことが全部抜ければ、布団に入って10分ほどで眠りにつくことができるだろう。

そういえば、なんの科学的な根拠もないが、スマートフォンを見ると寝れなくなるそうだが、これは嘘だと思う。 スマートフォンのゲームやSNSなどは「次を気にさせる」仕組みがたくさんある。そのせいで、スマートフォンを見始めると気になって眠れなくなるのではないかと個人的には想像している。

横道にそれたが、睡眠は4つのことを守れば比較的簡単に手に入れることができると私は思う。

*1:この家ではこういうよくわからない話しが頻繁に出現する。男子がなぜおっぱいが好きなのかは理論的に説明できないが、とにかく二つの膨らみを見るとおっぱいを連想するのだ。