頭を整理するブログ

頭を整理するために、情報や疑問をブログに書き出していきます。このブログは予約投稿しているのでタイムラグ(今日が今日ではない可能性)があります。

全面禁煙は愚策だと思う

www.asahi.com

小池都知事が、早くも禁煙カードを切ろうとしているように見える。

小池百合子東京都知事は18日、4月から都庁と出先機関の事業所を全面禁煙にすると表明した。都は2020年東京五輪パラリンピックに向けて独自の受動喫煙防止条例案を検討しており、「条例は実効性のあるものにしたい。まずは隗(かい)より始めよ。4月から全庁で受動喫煙対策を徹底する」とした。

早い話が、都政側は全面禁煙始めましたってことにしたいようだ。

政治家として、「禁煙」と「減税」は、いつやってもプラスポイントになるのだ。なぜなら反対派は必ずマイノリティであり、全体主義的な考えのもとでは、効果絶大だ。

小池都知事を批判してばかりいてもしようがないので、私なりに代案を提案したい。

  • 喫煙所利用税を設ける。入口に、タスポ経由の課金装置を設置する。
  • 求人広告に「たばこを吸っていない方」を掲載可能にする。年齢制限と同じく、たばこを吸っていることで不採用とすることができるように条例化する。

喫煙所利用税は、タスポやスイカ等で支払うことができるようにすれば、現金を扱う必要がなく、かなり楽であると思う。 1回の入室は50円。だいたい1日10本くらい吸うとしたら、300円くらいは払う期待値になるはずだ。 この税によって、東京オリンピックは黒字化するだろう。 早速、新幹線の喫煙所にもこれを導入するとよい。Suicaならすぐに設置できるだろう。

求人広告のほうは、たばこを吸っていない人の価値を上げることを目標としている。 全員喫煙していなければ、喫煙所のことを考えなくてもよくなるのだ。

以上2案、都政でも国政でもよいので、取り上げていただければと思う。