頭を整理するブログ

頭を整理するために、情報や疑問をブログに書き出していきます。このブログは予約投稿しているのでタイムラグ(今日が今日ではない可能性)があります。

中学の学習発表会

子どもにとって、晴れ舞台を親に見てもらうのは、嬉しいことなのだろうと思う。 自分はそうではないのだが、妻は特にそうだと言う。

今日は中学の学習発表会がある。

妻は、おしなべて子どもは、親に来てもらいたいものだと思っていたらしい。 私は「みんながみんなそうではないのでは?」と伝えたが、その気持ちは理解できないようだ。

我が家には3歳の娘がいる。 こういう発表会のような場に行っても、おとなしく座っていることはなく、うろうろちょろちょろとしている。 妻は誰に咎められることもないので、連れて行って多少騒がしくてもよいと考えている。 私は、舞台は演者と観客が作るものだから、小さい子どもは、その両方を邪魔するので、外に連れ出すほうがよいと言った。 妻には私のこの考え方は納得できないらしい。

昔は学芸会といえば演劇をしたものだが、今の教育では劇中表現を学ぶよりも、なにかを説明する力のほうを伸ばしたいようだ。 調査され、発表される内容は、決して目新しいことではない。 大人の側から見れば「今まさに、こういうことを知ったのか」という確認にほかならない。 もっと、斬新な調査をしてもいいと思うのだけど、枠からはみ出さないのは教育たる所以かとも思う。

昨日の夜は、私と娘は行かずに、妻だけが行くようにと促した。 息子たちの作る舞台はどういうものだろうか。 帰ってから、顔を見れば、どういう舞台だったか想像はつく。 壇上からの景色を楽しんできてほしい。