頭を整理するブログ

頭を整理するために、情報や疑問をブログに書き出していきます。このブログは予約投稿しているのでタイムラグ(今日が今日ではない可能性)があります。

「ま、いっか。」読了

ま、いっか。 (集英社文庫)

昨年末に星野源さんの「 いのちの車窓から 」を読んで、とてもおもしろかった。 いままで随筆とかエッセイというものは読んでこなかった。

35歳になって、趣向がかわってきたらしい。いろいろな人の話しが聞きたくなってきた。 だけど、面と向かって「あなたの人生や人生観を聞かせてくれ」とも言えないので、もっとエッセイを読んでみようと思った。

それで、本屋さんに足を運んで、選んだのがこの「 ま、いっか。 (集英社文庫) 」だった。 浅田次郎さんの作品は、読んだことがない。 広末涼子さんが好きなので、 鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫) の映画は見た。 今調べたら、短編集らしいので、今度この作品も読んでみようと思う。

30歳も年上のおじさんの話しを読みたいなと思ったのは、やはり、自分の周囲にこの世代が多いからだろうと思う。 村ではこの1950年生まれは主力だ。みんなもう孫のいるおじいさんおばあさんだけど、若いものには負けないパワーに溢れている。 その原動力というか、力の出し方のようなものを、この本を通じて感じたように思う。

ま、いっか。 (集英社文庫)

ま、いっか。 (集英社文庫)